コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松院 たかまついん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松院 たかまついん

1141-1176 平安時代後期,二条天皇の中宮(ちゅうぐう)。
永治(えいじ)元年11月8日生まれ。鳥羽天皇の皇女。母は美福門院。仁平(にんぴょう)4年内親王。久寿3年守仁親王(二条天皇)と結婚し,二条天皇の即位後の保元(ほうげん)4年中宮となる。永暦(えいりゃく)元年出家,応保2年院号宣下をうけた。安元2年6月13日死去。36歳。幼称は乙姫宮。名は姝子(しゅし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

高松院 (たかまついん)

生年月日:1141年11月8日
平安時代後期の女性。二条天皇中宮
1176年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

高松院の関連キーワード高松院右衛門佐尊恵法親王八条院高倉姝子内親王生年月日鴨長明永治

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android