尋常中学校(読み)じんじょうちゅうがっこう

精選版 日本国語大辞典の解説

じんじょう‐ちゅうがっこう ジンジャウチュウガクカウ【尋常中学校】

〘名〙 明治一九年(一八八六)、高等中学校とともに、実業に就き、または高等の学校にはいろうとする者に須要(しゅよう)な教育を施す所として設けられた学校。修業年限は五年。同三二年に中学校令が改正され、中学校と改称した。尋常中学。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尋常中学校の関連情報