コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導電率法 どうでんりつほうconductivity

翻訳|conductivity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導電率法
どうでんりつほう
conductivity

水の電気伝導率を利用して行う大気汚染の測定法の一つ。水中を電気が通るとき,電気の媒体である電解質溶解した量によって伝導度合いが異なる性質を,ガスの分析に利用し,試料ガスに含まれる測定対象ガスの濃度を容易に知ることができる。この際,測定対象ガスと吸収液との化学的反応または溶解を利用して,ある程度,特定物質を選択的に測定することができる。二酸化硫黄の測定などに用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

導電率法の関連キーワードアルカリろ紙法

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android