コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定物質 とくていぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特定物質
とくていぶっしつ

大気汚染防止法 17条にいう汚染源としての特定物質。物の合成,分解,その他の化学的処理に伴い発生する物質のうち,人の健康または生活環境にかかわる被害を生じるおそれのあるアンモニアフッ化水素シアン化水素など大気汚染防止法施行令 10条に定める 28項目の物質。これらを発生する煤煙発生施設以外の施設を特定施設といい,これを設置している工場事業場 (特定施設設置者) は,その特定施設が故障などの事故を起して特定物質が大量に大気中に放出されたときはただちに応急措置を講じ,復旧するよう努力する義務がある。都道府県知事も,事故により周辺住民が健康を害するかそのおそれがあると認めた場合には,その工場,事業場に事故拡大の防止,再発の防止の措置について命じることができる。日常の排出規制の有無にかかわらず,有害な物質が大気中に放散された場合はただちに,環境保全の対策が立てられるよう規定している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

特定物質の関連キーワードイオン交換樹脂オゾン層保護法栄養要求変異大気汚染物質ウィーン条約レセプターアプタマー輸送現象生物指標限界濃度導電率法皮膚反応公害物質フロン火災検便脚気対流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特定物質の関連情報