小人の贈物(読み)こびとのおくりもの

世界大百科事典 第2版の解説

こびとのおくりもの【小人の贈物】

グリム童話》182番の題名であるが,同じタイプの昔話アイルランドに多く,その他ヨーロッパ全域,トルコイランインドにも分布している。仕立屋と金細工師が旅をしていると,月夜の上で小人たちが歌いつつ踊っている。真ん中にいる大きな爺(じじい)の合図で2人もいっしょに踊る。すると爺にひげを剃り落とされる。それから石炭をもらって帰ると,翌朝には純金になっている。金細工師は欲ばって再び試みるが,翌朝見ると,前日の純金まで石炭になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android