小佐野茂右衛門(読み)おさの もえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小佐野茂右衛門 おさの-もえもん

1762-1840 江戸時代後期の機業家。
宝暦12年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利の人。天明-寛政(1781-1801)のころ,豊前(ぶぜん)小倉で小倉織の織り方をまなぶ。帰郷して試織し,完成品を真砂岐織と名づけた。のちに足利小倉とよばれ,この地方の特産となった。天保(てんぽう)11年4月7日死去。79歳。名は福秀。号は真砂岐居士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android