コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉織 こくらおり

6件 の用語解説(小倉織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉織
こくらおり

縦うね組織の綿織物の一種で,小倉木綿ともいう。この名は,北九州市小倉で織りはじめられたことによる。経糸1本に対し,緯糸2~3本を引きそろえて平織または綾織などにしたもので,袴地,帯地,鼻緒地として用いられたが,生地がじょうぶなことから第2次世界大戦前は学生服や作業衣に多く用いられ,現在も服地用が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくら‐おり【小倉織】

もと九州の小倉地方で産出した綿織物。厚手でじょうぶなところから帯地・袴地(はかまじ)のほか、作業服や学生服などに多く用いられた。現在は岡山で産する。小倉縞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小倉織【こくらおり】

綿織物の一種。呼称は江戸初期に小倉(福岡県)で創始されたためで,小倉木綿とも。主に岡山・愛知・埼玉などで生産。経(たて)糸の密度が高く,緯(よこ)糸の太い緯畝(よこうね)織物調で,丈夫なため日常の袴地・男帯などに使われ,近年は学生服や作業服に多用されたが,化学繊維に押されて衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくらおり【小倉織】

綿織物の一種。小倉木綿ともいう。福岡県小倉でつくり出されたためこの名があるが,現在は岡山,愛知,埼玉などでも生産される。経糸(たていと)の密度が多く緯糸(よこいと)の太い緯畝(よこうね)織物調で,じょうぶなため日常の袴地,男帯に使われたが近年は学生服,作業服などに多用する。【宮坂 博文】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくらおり【小倉織】

小倉から産出する経畝たてうね組織の綿織物。厚地で丈夫なので男子用袴や帯・学生服などに用いる。こくら。小倉縞じま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉織
こくらおり

もと九州の小倉地方(現在北九州市の一部)で織られていた綿織物の名称。初め経糸(たていと)を密にした経畝(たてうね)織で、男帯地、男袴地(はかまじ)に使われていたが、四枚綾(あや)の綾織にした綾小倉、紺と白の杢糸(もくいと)を使った霜降小倉、ガス糸を使ったガス小倉などがつくられ、生地がじょうぶであることから、第二次世界大戦前には学生服や作業服に広く用いられた。小倉に始まった生産は、明治後期からは岡山、埼玉地方でも行われるようになり、現在では岡山が生産地となっている。しかし化合繊の進出により、綿生地にとってかわり、その材料が転換しつつある。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉織の関連キーワード綿織物小倉木綿カルゼ河内木綿天竺木綿盲縞真岡木綿木綿織り・木綿織木綿織木綿織物

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小倉織の関連情報