コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉織 こくらおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉織
こくらおり

縦うね組織の綿織物の一種で,小倉木綿ともいう。この名は,北九州市小倉で織りはじめられたことによる。経1本に対し,緯糸2~3本を引きそろえて平織または綾織などにしたもので,袴地,帯地,鼻緒地として用いられたが,生地がじょうぶなことから第2次世界大戦前は学生服作業衣に多く用いられ,現在も服地用が多い。白地,紺地,霜降り地などがあり,斜文組織の綾小倉,ガス糸 (ガスで表面のけばを焼いた糸) を使ったガス小倉などがある。現在では主産地は岡山に移り,大阪,広島,埼玉などでも織られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくら‐おり【小倉織】

もと九州の小倉地方で産出した綿織物。厚手でじょうぶなところから帯地・袴地(はかまじ)のほか、作業服や学生服などに多く用いられた。現在は岡山で産する。小倉縞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小倉織【こくらおり】

綿織物の一種。呼称は江戸初期に小倉(福岡県)で創始されたためで,小倉木綿とも。主に岡山・愛知・埼玉などで生産。経(たて)糸の密度が高く,緯(よこ)糸の太い緯畝(よこうね)織物調で,丈夫なため日常の袴地・男帯などに使われ,近年は学生服や作業服に多用されたが,化学繊維に押されて衰退した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくらおり【小倉織】

綿織物の一種。小倉木綿ともいう。福岡県小倉でつくり出されたためこの名があるが,現在は岡山,愛知,埼玉などでも生産される。経糸(たていと)の密度が多く緯糸(よこいと)の太い緯畝(よこうね)織物調で,じょうぶなため日常の袴地,男帯に使われたが近年は学生服,作業服などに多用する。【宮坂 博文

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくらおり【小倉織】

小倉から産出する経畝たてうね組織の綿織物。厚地で丈夫なので男子用袴や帯・学生服などに用いる。こくら。小倉縞じま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉織
こくらおり

もと九州の小倉地方(現在北九州市の一部)で織られていた綿織物の名称。初め経糸(たていと)を密にした経畝(たてうね)織で、男帯地、男袴地(はかまじ)に使われていたが、四枚綾(あや)の綾織にした綾小倉、紺と白の杢糸(もくいと)を使った霜降小倉、ガス糸を使ったガス小倉などがつくられ、生地がじょうぶであることから、第二次世界大戦前には学生服や作業服に広く用いられた。小倉に始まった生産は、明治後期からは岡山、埼玉地方でも行われるようになり、現在では岡山が生産地となっている。しかし化合繊の進出により、綿生地にとってかわり、その材料が転換しつつある。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小倉織の関連キーワード霜降り小倉・霜降小倉小佐野茂右衛門小林粂左衛門井原[市]福岡(県)小笠原忠徴磯崎眠亀家中工業畠山義信井原市こくら中学生絹小倉厚地角帯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小倉織の関連情報