コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉無邪 おぐら むじゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉無邪 おぐら-むじゃ

1690-? 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)3年生まれ。市井の儒者として江戸深川にすむ。時代背景をもとに,思想教訓をつづった随筆「牛涎(うしのよだれ)」全18巻をあらわした。天明2年(1782)までは生存。名は三。字(あざな)は永世,新甫。通称は三蔵別号に無隣。著作はほかに「周易研幾」「天造録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小倉無邪の関連キーワードオーノア夫人ホイヘンス在日米陸軍エッセイ庄内海岸砂防林宮崎市の古紙回収嵐三右衛門惲寿平楽家録久留島義太

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android