小児けいれん(読み)しょうにけいれん

日本大百科全書(ニッポニカ)「小児けいれん」の解説

小児けいれん
しょうにけいれん

小児にみられるけいれんをいう。小児期はけいれんをおこしやすい時期であり、小児人口の10%は小児期に一度はけいれんを経験するという。小児けいれんの原因は、感染症、出血、腫瘍(しゅよう)、中毒、てんかんといろいろあるが、もっとも多いのは発熱とともにひきつける熱性けいれんである。

 熱性けいれんは、生後6か月から2歳ころに発症し、6歳ころまでに消失する。体温が急に上昇して高熱になるときにおこり、強直性けいれんあるいは間代(かんたい)性けいれんとなる。持続はだいたい5分以内で終了する。

 てんかんは、発作的に脳の神経細胞に電気的興奮がおこり、意識、運動、感覚などに異常をきたす状態をいう。発作の型としては、大発作、小発作、点頭てんかん、精神運動発作などがあり、適切な治療を早期に行わないと知能障害をおこすことがある。

 小児けいれんの診断には、脳波の検査が非常に重要である。

[山口規容子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android