コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児慢性特定疾患 しょうにまんせいとくていしっかん

2件 の用語解説(小児慢性特定疾患の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

しょうにまんせいとくていしっかん【小児慢性特定疾患】

赤ちゃん・子どもの慢性的な病気のうち、治療に相当期間を要し、医療費の負担も高額となるものは『小児慢性特定疾患』として、医療費の公費負担が行なわれています。対象は、悪性新生物/慢性腎疾患/慢性呼吸器疾患/慢性心疾患/内分泌疾患/膠原病/糖尿病/先天性代謝異常血友病等血液・免疫疾患/神経・筋疾患/慢性消化器疾患です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
妊娠・子育て用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうに‐まんせいとくていしっかん〔セウニマンセイトクテイシツクワン〕【小児慢性特定疾患】

18歳未満の慢性疾患のうち、厚生労働省が特に定めたもの。治療が長期にわたるため保護者の経済的な負担が大きいとして、医療費が公費で負担される。糖尿病膠原病(こうげんびょう)、先天性代謝異常など。→特定疾患

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小児慢性特定疾患の関連情報