コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨系統疾患 こつけいとうしっかん

家庭医学館の解説

こつけいとうしっかん【骨系統疾患】

 骨は、コラーゲンと呼ばれるたんぱく質に、カルシウムとリンを主体とする骨塩(こつえん)(石灰化物質(せっかいかぶっしつ))が沈着することによってつくられています。
 これらの骨が200個あまり集まって、からだ全体を支える骨格を形成しています。また骨は、カルシウムやリンの貯蔵庫にもなっています。
 骨は、骨芽細胞(こつがさいぼう)と呼ばれる細胞から直接つくられる場合と、軟骨細胞(なんこつさいぼう)が変化してつくられる場合があります。
 また、一度つくられた骨は、破骨細胞(はこつさいぼう)と呼ばれる細胞によってたえず壊されており、骨は常につくりかえられているのです。
 こうした骨の形成や維持には、骨や軟骨をつくるための材料や酵素(こうそ)、ホルモンなどが必要です。
 これらのしくみや材料などの供給が障害されておこる病気を、骨系統疾患と呼んでいます。
 骨系統疾患の症状としては、成長障害、骨格の変形、関節の障害、骨折などがあげられます。
 骨系統疾患には、いろいろな病気が含まれますが、遺伝する病気も多く、最近では、原因となる遺伝子が見つかったものもありますが、まだ原因のわからない病気もたくさんあります。
 非常に頻度の少ない病気ですので、整形外科などの専門医にかかり、適切な診断と治療を受ける必要があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

骨系統疾患の関連キーワード肢体不自由児脊柱側弯症脊柱側彎症病的骨折