小坂 徳三郎(読み)コサカ トクサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

小坂 徳三郎
コサカ トクサブロウ

昭和・平成期の政治家,実業家 元・衆院議員(自民党);元・運輸相;元・信越化学工業社長。



生年
大正5(1916)年1月20日

没年
平成8(1996)年2月23日

出生地
長野県長野市

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和63年〕

経歴
昭和14年朝日新聞入社。記者生活を10年送った後、信州の小坂財閥に戻る。24年信越化学工業に入り、26年副社長を経て、31年から16年間社長を務めた。一方、44年以来、東京3区から衆院議員に当選7回。この間、48年第2次田中改造内閣総務長官、53年大平内閣経企庁長官、56年鈴木内閣運輸大臣を歴任。59年に超党派の日米議員連盟の設立を取りまとめ、初代会長になった。平成2年政界を引退。5年信越化学工業会長に復帰するが、7年最高顧問に退く。著書に「産業人宣言」「人間第一主義」「日本人永久繁栄論」など。旧田中派二階堂系。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小坂 徳三郎
コサカ トクサブロウ*


肩書
元・衆院議員(自民党),元・運輸相,元・信越化学工業社長

生年月日
大正5年1月20日

出生地
長野県長野市

学歴
東京帝国大学経済学部〔昭和14年〕卒

経歴
昭和14年朝日新聞入社。記者生活を10年送った後、信州の小坂財閥に戻る。24年信越化学工業に入り、26年副社長を経て、31年から16年間社長を務めた。一方、44年以来、東京3区から衆院議員に当選7回。この間、48年第2次田中改造内閣総務長官、53年大平内閣経企庁長官、56年鈴木内閣運輸大臣を歴任。59年に超党派の日米議員連盟の設立を取りまとめ、初代会長になった。平成2年政界を引退。5年信越化学工業会長に復帰するが、7年最高顧問に退く。著書に「産業人宣言」「人間第一主義」「日本人永久繁栄論」など。旧田中派二階堂系。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和63年〕

趣味
テニス スキー ゴルフ

没年月日
平成8年2月23日

家族
祖父=小坂 善之助(衆院議員) 父=小坂 順造(電源開発総裁・衆院議員) 兄=小坂 善太郎(外相)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

小坂 徳三郎 (こさか とくさぶろう)

生年月日:1916年1月20日
昭和時代;平成時代の政治家;実業家。衆議院議員;信越化学工業社長
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android