コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小坂 順造 コサカ ジュンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

小坂 順造
コサカ ジュンゾウ

明治〜昭和期の実業家,政治家 電源開発総裁;信越化学工業社長;衆院議員(民政党)。



生年
明治14(1881)年3月30日

没年
昭和35(1960)年10月16日

出生地
長野県上水内郡柳村(現・長野市)

学歴〔年〕
東京高商(現・一橋大学)〔明治37年〕卒

経歴
明治37年日本銀行入行。父が病に倒れたため帰郷し、41年信濃銀行取締役、44年信濃毎日新聞社長、長野県商業会議所会頭を歴任。45年衆院選に出馬、民政党に属し当選6回。大正15年信越化学工業を設立。昭和7年多額納税者として貴院議員。戦時中一時政財界から引退するが、戦後信越化学工業社長に復帰。21年8月枢密顧問官。25年吉田茂首相に請われて国策会社日本発送電の最後の総裁を引き受け、26年同社の解散と九電力会社への分割に当たる。29〜31年電源開発総裁。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小坂 順造
コサカ ジュンゾウ


肩書
衆院議員(民政党),電源開発総裁,信越化学工業社長

生年月日
明治14年3月30日

出生地
長野県上水内郡柳村(現・長野市)

学歴
東京高商(現・一橋大学)〔明治37年〕卒

経歴
明治37年日本銀行入行。父が病に倒れたため帰郷し、41年信濃銀行取締役、44年信濃毎日新聞社長、長野県商業会議所会頭を歴任。45年衆院選に出馬、民政党に属し当選6回。大正15年信越化学工業を設立。昭和7年多額納税者として貴院議員。戦時中一時政財界から引退するが、戦後信越化学工業社長に復帰。21年8月枢密顧問官。25年吉田茂首相に請われて国策会社日本発送電の最後の総裁を引き受け、26年同社の解散と九電力会社への分割に当たる。29〜31年電源開発総裁。

没年月日
昭和35年10月16日

家族
父=小坂 善之助(衆院議員) 弟=小坂 武雄(信濃毎日社長) 長男=小坂 善太郎(外相) 三男=小坂 徳三郎(運輸相)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

小坂 順造 (こさか じゅんぞう)

生年月日:1881年3月30日
明治時代-昭和時代の実業家;政治家。信越化学工業社長
1960年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

小坂 順造の関連キーワード信越化学工業(株)小坂善太郎小坂徳三郎昭和時代山本達雄小坂武雄実業家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android