小城羊羹

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小城羊羹[菓子]
おぎようかん

九州・沖縄地方、佐賀県の地域ブランド。
佐賀県小城市及びその周辺地域産のようかん。小城羊羹は、秀峰天山から流れる清水と厳選された小豆を使った贅沢な銘菓。明治時代、日清戦争の際には、戦地に送られる食糧のなかで唯一風味を失うことがなかったといわれ、全国的に有名となった。原料は、小豆・砂糖・寒天など。材料を煮詰めてから冷やすと羊羹になる。2007(平成19)年7月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5065356号。地域団体商標の権利者は、小城羊羹協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小城羊羹の関連情報