コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀甚二 こぼり じんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀甚二 こぼり-じんじ

1901-1959 昭和時代の小説家,評論家。
明治34年8月28日生まれ。大正15年雑誌「解放」に戯曲「或(あ)る貯蓄心」を発表し,プロレタリア文学運動に参加。昭和12年人民戦線事件で逮捕された。この間の昭和2年平林たい子と結婚,30年離婚。そのいきさつを「妖怪(ようかい)を見た」にかいた。昭和34年11月30日死去。58歳。福岡県出身。本名は清寿(きよとし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小堀甚二の言及

【平林たい子】より

…そういう痛烈な生活をリアルに作品化した《嘲る》(1926),《施療室にて》(1927)によって,プロレタリア文学の新進作家として認められた。27年《文芸戦線》同人小堀甚二と結婚,戦争中は夫婦ともに検挙されたり,病気に倒れたり,苦難つづきであった。戦後旺盛な創作活動を再開,《かういふ女》(1946),《地底の歌》(1949),《砂漠の花》(1957),《秘密》(1967)などを残した。…

※「小堀甚二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小堀甚二の関連キーワードオーストロアジア系諸族フライターク昭和時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android