コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堺昭三 こさかい しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堺昭三 こさかい-しょうぞう

1928-1995 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和3年5月24日生まれ。第二次大戦後岩下俊作を知り,「九州文学」に参加。火野葦平(あしへい)の秘書をつとめ,「文学者」同人。昭和35年「基地」で芥川賞候補。昭和史に材をえた小説を手がけ,「秘録自民党総裁選」「小説連合赤軍」「破天荒一代」などがある。平成7年3月7日死去。66歳。福岡県出身。八幡中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小堺昭三の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎黒人問題清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助[各個指定]芸能部門田坂具隆高松伸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android