コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小太夫 こだゆう

1件 の用語解説(小太夫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こだゆう【小太夫】

古浄瑠璃の曲名。1641年(寛永18)刊。山本九兵衛板。上下2冊本の下巻のみ現存。内容は謡曲《甘楽太夫(かんらのたゆう)》と同じ。上野国多々良城主甘楽太夫は下野国の住人荒間兵衛景信に国を横領され,幽閉される。忠臣安綱の妻は奉公人小太夫に扮して主君を救出し,その後,お家再興となる。神仏の助力なしに臣下の忠義によって主家を再興する点で,他の古浄瑠璃お家騒動物《はなや》《明石》などとは異なる。【山本 吉左右

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小太夫の関連キーワード奥浄瑠璃金平本古浄瑠璃寄進浄瑠璃京浄瑠璃稽古浄瑠璃薩摩節浄瑠璃本床浄瑠璃六段目

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小太夫の関連情報