コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小太夫 こだゆう

世界大百科事典 第2版の解説

こだゆう【小太夫】

古浄瑠璃の曲名。1641年(寛永18)刊。山本九兵衛板。上下2冊本の下巻のみ現存。内容は謡曲《甘楽太夫(かんらのたゆう)》と同じ。上野国多々良城主甘楽太夫は下野国の住人荒間兵衛景信に国を横領され,幽閉される。忠臣安綱の妻は奉公人小太夫に扮して主君を救出し,その後,お家再興となる。神仏の助力なしに臣下の忠義によって主家を再興する点で,他の古浄瑠璃のお家騒動物《はなや》《明石》などとは異なる。【山本 吉左右

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小太夫の関連キーワード竹本 越路太夫(3代目)豊竹 古靭太夫(初代)市川 小太夫(2代目)市川 段四郎(2代目)豊竹古靱太夫(初代)桜山四郎三郎(初代)村山平右衛門(3代)嵐三右衛門(初代)伊藤小太夫(2代)市川小太夫(2代)日暮らし・日暮し市川 岩五郎赤穂浪士一覧小太夫鹿の子市川 青虎治郎吉格子松本 錦吾1月26日明治一代女女歌舞伎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小太夫の関連情報