コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宅処斎 おやけ しょさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宅処斎 おやけ-しょさい

1638-1674 江戸時代前期の儒者。
寛永15年生まれ。小宅重長の子。人見卜幽軒(ぼくゆうけん)に師事し,常陸(ひたち)水戸藩につかえる。寛文4年藩主徳川光圀(みつくに)の命で長崎で朱舜水(しゅ-しゅんすい)とあい,舜水を藩にまねくようにした。「大日本史」「常陸国誌」の編修に従事した。延宝2年死去。37歳。名は順。字(あざな)は安之,坤徳。通称は生順。著作に「西遊手録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小宅処斎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android