小宮三保松(読み)こみや みほまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮三保松 こみや-みほまつ

1859-1935 明治-大正時代の司法官。
安政6年5月生まれ。原敬(たかし)らとともに司法省法学校の第1期生。明治23年東京始審裁判所検事。のち貴族院・枢密院書記官,大審院検事などを歴任。記・紀,「万葉集」など古典文学の研究でも知られた。昭和10年12月29日死去。77歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android