コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山桂軒 こみやま けいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山桂軒 こみやま-けいけん

1690-1734 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)3年生まれ。小宮山峴岳(けんがく)の子。江戸の人。林鳳岡(ほうこう)にまなぶ。享保(きょうほう)5年常陸(ひたち)水戸藩につかえ,「大日本史」の音楽部門の編修にあたった。享保19年10月26日死去。45歳。名は昌嶠(しょうきょう)。字(あざな)は偉長。通称は本次郎,次郎右衛門。別号に忍亭。著作に「音楽考」「楽器考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小宮山桂軒の関連キーワード小宮山昌嶠小宮山東湖儒者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android