コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山桂軒 こみやま けいけん

1件 の用語解説(小宮山桂軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山桂軒 こみやま-けいけん

1690-1734 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)3年生まれ。小宮山峴岳(けんがく)の子。江戸の人。林鳳岡(ほうこう)にまなぶ。享保(きょうほう)5年常陸(ひたち)水戸藩につかえ,「大日本史」の音楽部門の編修にあたった。享保19年10月26日死去。45歳。名は昌嶠(しょうきょう)。字(あざな)は偉長。通称は本次郎,次郎右衛門。別号に忍亭。著作に「音楽考」「楽器考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小宮山桂軒の関連キーワード平敷屋朝敏ブルボン朝遠州流(茶道)ゼンガー事件文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子池田瑞仙上田秋成

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone