笠岡(読み)かさおか

精選版 日本国語大辞典「笠岡」の解説

かさおか かさをか【笠岡】

岡山県の南西端にある地名。広島県に接する。江戸時代に真言宗大仙院の門前町、西国航路の寄港地として発展。神島(こうのしま)東側には古生代の生物カブトガニが棲息し、天然記念物に指定されている。昭和二七年(一九五二市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「笠岡」の解説

かさおか〔かさをか〕【笠岡】

岡山県南西端の市。笠岡諸島も含まれ、神島こうのしまなどは干拓により陸続きとなった。化学肥料食器電器などの工業が盛ん。カブトガニの保護センターがある。人口5.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android