コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山源五右衛門 おやま げんごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山源五右衛門 おやま-げんごえもん

1648-1715 江戸時代前期-中期の武士。
慶安元年生まれ。大石良雄の叔父(おじ)。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。藩主浅野長矩(ながのり)の切腹後,良雄らの仇(あだ)討ちの盟約にくわわるが,元禄(げんろく)15年浅野家再興の望みがたたれると,仲間からはなれた。のち京都にすんだ。正徳(しょうとく)5年9月4日死去。68歳。名は良師(よしもろ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山源五右衛門の関連キーワードルイルイルイ王朝様式ルイ[14世]ルイ14世フランス史(年表)フロンドの乱ディナーロココ美術ナティエ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android