コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山秀綱 おやま ひでつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山秀綱 おやま-ひでつな

?-1602/03 戦国-織豊時代の武将。
小山高朝の子。下野(しもつけ)(栃木県)小山城主。越後(えちご)(新潟県)上杉氏と相模(さがみ)(神奈川県)北条氏の間にあって,つねに立場をかえながら家の存立をはかる。天正(てんしょう)3年北条氏に居城を攻めおとされ,のち配下となる。18年豊臣秀吉による小田原攻めで,北条氏とともに没落した。慶長7/8年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山秀綱

没年:慶長7,8(1602,3)
生年:生年不詳
戦国・安土桃山時代の武将。高朝の子。越後上杉氏と相模北条氏の間にあって,去就を変転させつつ家の存続を図ったが,天正4(1576)年北条氏に本拠小山城を攻略される。城はのち和睦により還付されたものの,同18年,豊臣秀吉が北条氏を滅ぼして(小田原攻め)関東支配を確立するにおよび没落,流浪した。<参考文献>『小山市史』通史編Ⅰ

(荒川善夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の小山秀綱の言及

【下野国】より

…小田原城はこの年7月5日には開城したが,それまでに皆川広照は徳川家康の内応工作に乗り,手兵100余名を率いて出城していた。このほかで看過できないのは,下野国きっての名族小山秀綱(小山城主)と那須資晴(烏山城主)の動向であった。まず秀綱は小田原開城2日後に所領没収で故国を去り,資晴は那須衆から孤立して,那須家発祥の地佐良土への退隠を余儀なくされていた。…

※「小山秀綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小山秀綱の関連キーワード本願寺本願寺伝通院伝通院ホルオドンネルオランダ東インド会社イギリス音楽貝原益軒東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)