存立(読み)ぞんじたつ

精選版 日本国語大辞典「存立」の解説

ぞんじ‐た・つ【存立】

〘他タ四〙 「思い立つ」の謙譲語
※義経記(室町中か)八「おやのゆいごんといひ、きみにふちゅうといひ、あくぎゃくぶたうをぞんじたちて、いのちもほろび、子孫たえて」

そん‐りつ【存立】

〙 生存して自立すること。ながらえて存在すること。
※古活字本毛詩抄(17C前)一九「百穀をうへられたに依て、今日まで無為に有ぞ存立しての心ぞ」 〔北史‐長孫慮〕

ぞんじ‐たち【存立】

〘名〙 思い立つこと。思いつき。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「人をころす程の存(ゾンジ)立つねつねも外の忰子(せがれ)とは各別と申上る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「存立」の解説

そん‐りつ【存立】

[名](スル)存在し、成り立っていくこと。「国家が存立するための条件」
[類語]存在実在実存現存現在厳存げんそん所在既存そんする成就達成大成速成適う実現完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立打ち立てる成功奏功上首尾結実開花実を結ぶ花開く物になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「存立」の解説

【存立】そんりつ

長らえる。たちゆく。〔魏書、傅永伝〕母竝びに老い、すること十數年、其の人事(つと)め、力を(あは)せて傭丐(ようかい)(乞食)するに(よ)りて、以て存立することを得たり。に乃ち召され、治禮ね、長安に詣(いた)る。

字通「存」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android