存立(読み)ソンリツ

  • ぞんじたち
  • ぞんじた・つ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 思い立つこと。思いつき。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「人をころす程の存(ゾンジ)立つねつねも外の忰子(せがれ)とは各別と申上る」
〘他タ四〙 「思い立つ」の謙譲語。
※義経記(室町中か)八「おやのゆいごんといひ、きみにふちゅうといひ、あくぎゃくぶたうをぞんじたちて、いのちもほろび、子孫たえて」
〘名〙 生存して自立すること。ながらえて存在すること。
※古活字本毛詩抄(17C前)一九「百穀をうへられたに依て、今日まで無為に有ぞ存立しての心ぞ」 〔北史‐長孫慮〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存立の関連情報