コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山秋作 こやま しゅうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山秋作 こやま-しゅうさく

1862-1927 明治-大正時代の軍人。
文久2年6月1日生まれ。小山正太郎,小山吉郎の弟。荒尾精(あらお-せい)によって上海に設置された日清貿易研究所陸軍少尉のままくわわる。日露戦争では奉天軍政官をつとめる。参謀本部に属して中国関係の問題処理にあたった。陸軍大佐。昭和2年9月15日死去。66歳。越後(えちご)(新潟県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山秋作の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android