コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山進 こやま すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山進 こやま-すすむ

1836-1908 明治時代の官吏,神職。
天保(てんぽう)7年生まれ。幕末,江戸で相楽(さがら)総三らとまじわる。明治2年外務省にはいり,丸山作楽(さくら)にしたがい樺太(からふと)(サハリン)に出張,日露の境界査定にかかわる。のち長野県の諏訪(すわ)神社宮司(ぐうじ)などをつとめ,大教正となった。明治41年10月3日死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は山本。編著に「樺太概覧」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山進の関連情報