コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山進 こやま すすむ

1件 の用語解説(小山進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山進 こやま-すすむ

1836-1908 明治時代の官吏,神職。
天保(てんぽう)7年生まれ。幕末,江戸で相楽(さがら)総三らとまじわる。明治2年外務省にはいり,丸山作楽(さくら)にしたがい樺太(からふと)(サハリン)に出張,日露の境界査定にかかわる。のち長野県の諏訪(すわ)神社宮司(ぐうじ)などをつとめ,大教正となった。明治41年10月3日死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は山本。編著に「樺太概覧」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山進の関連キーワード監獄法新聞小説郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小山進の関連情報