コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山霞外 おやま かがい

1件 の用語解説(小山霞外の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山霞外 おやま-かがい

1785-1864 江戸時代後期の書家。
天明5年生まれ。小山家の養子となり,下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)にすむ。書と儒学を立原翠軒(すいけん)にまなび,高久靄厓(たかく-あいがい)らに書をおしえた。常陸(ひたち)水戸藩主徳川斉昭(なりあき)もその書を愛蔵したという。漢詩,画,和歌にも長じた。尊王思想をいだき藤田東湖,大橋訥庵(とつあん)らとまじわった。元治(げんじ)元年10月4日死去。80歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は星。名は朝孺(ともつま)。字(あざな)は大晰。通称は周徴。別号に霞翁,霞隠。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山霞外の関連キーワード元治三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水広島藩ロシア音楽ペドロ[2世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone