小島の春(読み)コジマノハル

デジタル大辞泉の解説

こじまのはる【小島の春】

医師、小川正子の手記。ハンセン病患者の施設収容の情景を医師の視点から描く。昭和13年(1938)刊行。昭和15年(1940)、豊田四郎監督により映画化。出演、夏川静江、菅井一郎杉村春子ほか。第17回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

小島の春

1940年公開の日本映画。監督:豊田四郎、原作:小川正子、脚色:八木保太郎、撮影:小倉金弥。出演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、三津田健、勝見康太郎、清水美佐子、水谷史郎ほか。第17回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報