コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉村春子 すぎむらはるこ

6件 の用語解説(杉村春子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉村春子
すぎむらはるこ

[生]1906.1.6. 広島
[没]1997.4.4. 東京
女優。本姓石山。山中高等女学校卒業後,音楽家志望から転じて,1927年築地小劇場の研究生となる。築地座で頭角を現し,37年,岸田国士岩田豊雄久保田万太郎が創立した文学座に参加,中心女優となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すぎむら‐はるこ【杉村春子】

[1906~1997]女優。広島の生まれ。本名、石山春子。築地小劇場に入団ののち、文学座結成に参加。日本を代表する新劇女優として「女の一生」「欲望という名の電車」「華岡青洲(はなおかせいしゅう)の妻」などに出演。「東京物語」「麦秋」など、映画にも出演した。昭和23年(1948)芸術院賞受賞、昭和49年(1974)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杉村春子【すぎむらはるこ】

新劇女優。本名石山春子。広島県生れ。1927年に築地小劇場研究生となり初舞台。1937年に文学座創立に参加,以後,その中心女優となる。代表作は《女の一生》《欲望という名の電車》《華岡青洲の妻》など。
→関連項目丸山定夫森光子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉村春子 すぎむら-はるこ

1906-1997 昭和-平成時代の女優。
明治39年1月6日生まれ。昭和2年築地小劇場に入団,「何が彼女をさうさせたか」で初舞台。12年文学座創立に参加,「ファニー」の主役以降劇団の中核となり,「女の一生」「欲望という名の電車」などの舞台のほか映画,テレビでも活躍した。23年芸術院賞受賞。49年文化功労者。平成9年4月4日死去。91歳。広島県出身。山中高女卒。本名は石山春子。著作に自伝「舞台女優」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すぎむらはるこ【杉村春子】

1906~1997) 女優。広島県生まれ。本名、石山春子。築地小劇場を経て、文学座の創立に参加。日本を代表する新劇女優として活躍。代表作に「女の一生」「欲望という名の電車」「華岡青洲の妻」などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉村春子
すぎむらはるこ
(1909―1997)

女優。本名石山春子。広島県生まれ。広島山中高等女学校卒業。広島女学院音楽教師を経て、1927年(昭和2)上京、築地(つきじ)小劇場の研究生となった。同年『何が彼女をさうさせたか』のオルガン弾きで初舞台。32年築地座結成に参加、37年文学座の創立に加わり、40年の『ファニー』の主役で同座の中心的女優となる。45年に森本薫(かおる)作『女の一生』で主役布引(ぬのびき)けいを演じ、代表作となり上演を重ねた。63年(昭和38)以降文学座の再三の分裂・脱退にもめげず、同座の主柱として活躍。『欲望という名の電車』のブランチ、『鹿鳴館(ろくめいかん)』の朝子などの名演技で知られる。映画、テレビの出演も多い。74年文化功労者。95年(平成7)文化勲章の候補にあがったが辞退した。[水落 潔]
『杉村春子著『自分で選んだ道』(1969・六芸書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の杉村春子の言及

【新劇】より

…ここでは全体的には土方の前衛志向よりも,小山内のモスクワ芸術座を手本とする近代写実演技様式の日本的な移植・形成が行われたということができるだろう。第2次大戦後の新劇界をリードした人々には,築地小劇場の研究生だった者が多く,たとえば千田是也,山本安英(1902‐93),滝沢修(1906‐ )は初期の研究生であり,杉村春子(1906‐97)は最後のころの研究生であった。 築地小劇場が小山内の急死によって分裂,解散(1929)した後,以降,右傾化する国家権力により後述の新協,新築地両劇団が強制的に解散させられる(1940)までの期間は,それまでの数多くの欧米近代劇上演によって刺激され,また培われてきた日本近代戯曲の,いわば真の開花期であり,また心理主義的なフランス近代戯曲の翻訳上演期でもあった。…

【築地小劇場】より

…当初翻訳劇のみを上演する方針をとったため,文壇から糾弾され,経営の困難や思想的混乱から試行錯誤をくりかえしたが,芸術的統率者としての演出者の地位確立,ヨーロッパ現代劇の移入紹介,創作劇の上演などに画期的な成果を収めていった。千田是也,山本安英,杉村春子,滝沢修など現代の新劇団の指導者もここから多く育った。28年末に小山内が急逝し,翌29年には土方らが結成した〈新築地劇団〉と,残留組の〈劇団築地小劇場〉とに分裂し,劇団としての活動を終えた。…

【文学座】より

…第2次大戦後の日本における代表的な新劇団の一つ。1937年,岸田国士(くにお),久保田万太郎,岩田豊雄を発起人として,友田恭助・田村秋子夫妻(しかし同年,友田は戦死し田村も身をひいた),杉村春子,中村伸郎,宮口精二,三津田健らによって創立された。政治性を排した〈娯楽としての演劇〉を目ざし,戦中も弾圧を免れた唯一の新劇団として活動を続けた。…

※「杉村春子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杉村春子の関連キーワード伊丹十三葦原邦子香川桂子岸田今日子清洲すみ子楠トシエ竹田道太郎松坂慶子松野友山口正義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉村春子の関連情報