コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川正子 おがわ まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川正子 おがわ-まさこ

1902-1943 昭和時代前期の医師。
明治35年3月26日生まれ。国立癩(らい)療養所長島愛生園につとめ,ハンセン病患者の治療と,院外患者の検診につとめる。昭和13年刊行の体験記「小島の春」はベストセラーとなり,映画化された。昭和18年4月29日死去。42歳。山梨県出身。東京女子医専(現東京女子医大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小川正子の言及

【長島】より

…極限状態に置かれた患者や救護活動に当たる職員は,愛生園の《愛生》,長島詩話会の《裸形(らぎよう)》,光明園の《楓》などの雑誌を舞台にすぐれた文学作品を発表した。それらの中では明石海人の歌集《白猫》(1939),宮島俊夫の小説集《癩夫婦》,玉木愛子の句集《この命ある限り》,愛生園職員の小川正子の手記《小島の春》(1938)などが有名である。【由比浜 省吾】。…

※「小川正子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小川正子の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリ

小川正子の関連情報