コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島紋次郎 こじま もんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島紋次郎 こじま-もんじろう

1825?-1866 幕末の一揆(いっき)指導者。
文政8年?生まれ。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)上名栗村の大工。桶(おけ)屋の豊五郎らとともに慶応2年飯能(はんのう)村の豪農,商人に対し米価引き下げをもとめ,米穀問屋,酒屋の打ちこわしをよびかけた。一揆は関東西北部一帯にひろがり,武州世直し一揆とよばれた。紋次郎は捕らえられて慶応2年10月2日獄中で死去。42歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小島紋次郎

没年:慶応2.10.2(1866.11.8)
生年:文政8?(1825)
幕末武州世直し一揆の指導者。武蔵国秩父郡(埼玉県飯能市)上名栗村の貧農,大工。同村の貧農,桶職人の豊五郎と共に,慶応2(1866)年6月の武州飯能宿打ちこわしを呼びかけ,一揆を指導した。吟味中に獄死

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小島紋次郎の関連キーワード没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android