小川 由加里(読み)オガワ ユカリ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の彫刻家 長野県展審査員。



生年
明治43(1910)年1月28日

没年
昭和56(1981)年8月26日

出生地
長野県諏訪郡永明村(現・茅野市)

本名
小川 緑

学歴〔年〕
日本美術学校卒

主な受賞名〔年〕
アメリカ交易展一等賞〔昭和23年〕「アイヌコタン」,アジア競技大会金賞(第2回)〔昭和29年〕「スポーツ少年」

経歴
高等小学校卒業後に指物師入門。のち自営独立し、昭和11年には知人に依頼されて木彫の聖観音像を制作した。13年に上京して日本美術学校に入り、池田勇八・吉田久継・岡野聖雲らの指導を受け、14年の第3回文展に「胸像」を出品して初入選を果たす。戦後は日展や全信州美術展などを中心に活動し、23年には「アイヌのコタン」でアメリカ交易展の一等賞を受けた。25年以降は会員として日本彫刻クラブに所属。また、長野県展でたびたび審査員を務めた。作品は他に「」「スポーツ少年」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android