コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川直子 おがわ なおこ

2件 の用語解説(小川直子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川直子 おがわ-なおこ

1840-1919 明治-大正時代の教育者。
天保(てんぽう)11年5月9日生まれ。小川幸三の妻。石川女子師範をへて,明治10年青森女子師範の教頭となる。26年から品川弥二郎の推薦により宮内省の御用掛をつとめ,昌子内親王,房子内親王の教育を担当した。大正8年9月6日死去。80歳。加賀(石川県)出身。初名は昌。著作に「忍草」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小川直子

没年:大正8.9.6(1919)
生年:天保11.5.9(1840.6.8)
明治期の教育者。加賀(金沢)藩士河島良左衛門と三子の娘。名は昌。母に和歌を学ぶ。同藩の勤王志士小川幸三と結婚。その後1年足らずで夫は幽閉,斬首され,直子は夫の身代わり処刑を訴えたが,許されなかった。以後夫の名誉回復と家名再興に尽くした。維新後は教育者を志し,金沢女子師範に聘せられ,のち青森女子師範の教頭などを経て,明治天皇の皇女らの御用掛を11年間務めた。<著作>『竹の下枝』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

小川直子の関連キーワード石英岩アヘン戦争新民主主義サイモン委員会アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川直子の関連情報