コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川直子 おがわ なおこ

2件 の用語解説(小川直子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川直子 おがわ-なおこ

1840-1919 明治-大正時代の教育者。
天保(てんぽう)11年5月9日生まれ。小川幸三の妻。石川女子師範をへて,明治10年青森女子師範の教頭となる。26年から品川弥二郎の推薦により宮内省の御用掛をつとめ,昌子内親王,房子内親王の教育を担当した。大正8年9月6日死去。80歳。加賀(石川県)出身。初名は昌。著作に「忍草」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小川直子

没年:大正8.9.6(1919)
生年:天保11.5.9(1840.6.8)
明治期の教育者。加賀(金沢)藩士河島良左衛門と三子の娘。名は昌。母に和歌を学ぶ。同藩の勤王志士小川幸三と結婚。その後1年足らずで夫は幽閉,斬首され,直子は夫の身代わり処刑を訴えたが,許されなかった。以後夫の名誉回復と家名再興に尽くした。維新後は教育者を志し,金沢女子師範に聘せられ,のち青森女子師範の教頭などを経て,明治天皇の皇女らの御用掛を11年間務めた。<著作>『竹の下枝』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川直子の関連キーワード井深梶之助教育者赤井米吉安達安子尾原惣八河内山寅関口開長谷川準也山内佐太郎依田豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川直子の関連情報