コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小御門神社 コミカドジンジャ

デジタル大辞泉の解説

こみかど‐じんじゃ【小御門神社】

千葉県成田市にある神社。祭神は藤原師賢(ふじわらのもろかた)。明治12年(1879)の創建。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小御門神社【こみかどじんじゃ】

千葉県成田市名古屋に鎮座。旧別格官幣社。後醍醐天皇に仕え,のち鎌倉幕府に捕らえられこの地に流されて没した藤原(花山院)師賢(もろかた)をまつる。1882年創建。
→関連項目下総[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こみかどじんじゃ【小御門神社】

千葉県成田市にある神社。藤原師賢もろかたをまつる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小御門神社
こみかどじんじゃ

千葉県成田(なりた)市名古屋に鎮座。祭神は藤原(花山院)師賢(もろかた)。師賢は後醍醐(ごだいご)天皇に仕え、1331年(元弘1)天皇にかわって比叡山(ひえいざん)に幕府軍討伐の錦(にしき)の旗(はた)を立てたが失敗、翌年下総(しもうさ)国(千葉県)に配流され32歳の生涯を閉じた。1879年(明治12)地方民の要望で神社を創建、1882年社殿竣工とともに別格官幣社に列せられた。例祭は4月29日。本社の南方に師賢居館跡がある。[平泉隆房]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小御門神社の関連キーワード下総(しもふさ)千葉県成田市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android