コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小政 こまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小政 こまさ

1841-1874 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
天保(てんぽう)12年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松の魚屋の次男。清水次郎長子分となり,居合術を修業する。大政とおなじ山本政五郎を名のり,小柄なため小政とよばれた。慶応元年掛川で傷害事件をおこして逃亡する。明治4年清水にもどり,6年賭博罪で入獄。明治7年5月29日死去。34歳。享年を32歳とする説もある。本名は吉川冬吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小政の関連キーワード「オリーブの木」構想と野党統一名簿常磐津 文字太夫(7代目)キャスティング・ボート竹本 錣太夫(5代目)急進社会党[フランス]国民連合[ベネズエラ]マティアス プラツェク常磐津文字太夫(7代)竹本政太夫(2世)福祉党[トルコ]ドイツの大連立チリ女性大統領サム・レンシーアメリカ労働党祖国・自由連合フランス労働党社会民主連合ドイツ人民党トレードオフ山下幸内上書

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android