小政(読み)こまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小政 こまさ

1841-1874 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
天保(てんぽう)12年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松の魚屋の次男。清水次郎長子分となり,居合術を修業する。大政とおなじ山本政五郎を名のり,小柄なため小政とよばれた。慶応元年掛川で傷害事件をおこして逃亡する。明治4年清水にもどり,6年賭博罪で入獄。明治7年5月29日死去。34歳。享年を32歳とする説もある。本名は吉川冬吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小政の関連情報