大政(読み)おおまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「大政」の解説

大政 おおまさ

1832-1881 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
天保(てんぽう)3年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)の廻船問屋長男清水次郎長の一の子分となり,山本政五郎と名のる。慶応2年(1866)荒神山喧嘩では,吉良仁吉(きらの-にきち)らをひきいて穴太徳(あのとく)一家とたたかった。明治14年2月15日死去。50歳。本名は原田熊蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「大政」の解説

おお‐まつりごと おほ‥【大政】

〘名〙 (「おお」は接頭語) 天皇のなされる政治の美称。天下の政治。朝政(あさまつりごと)
※読本・雨月物語(1776)白峯「紫宸(ししん)清涼(せいりゃう)の御座(みくら)に朝政(オホマツリゴト)きこしめさせ給ふを」

たい‐せい【大政】

〘名〙 天下国家の政治。特に、天皇が行なう政治。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「吁、是迂儒或は国の大政を議すると同一轍」 〔春秋左伝‐襄公二九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android