コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小早川則平 こばやかわ のりひら

2件 の用語解説(小早川則平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小早川則平 こばやかわ-のりひら

1373-1433 室町時代の武将。
応安6=文中2年生まれ。安芸(あき)(広島県)小早川氏の一族。将軍足利義持(よしもち)につかえ,応永15年(1408)から朝鮮王朝に使節を派遣し,貿易をおこなう。21年九州探題渋川満頼(みつより)をたすけ,諸豪族間の調停にあたった。永享5年1月26日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小早川則平

没年:永享5.1.26(1433.2.16)
生年:応安6/文中2(1373)
室町時代前期の武将。安芸国(広島県)の沼田小早川家の当主春平の嫡子。沼田荘その他の所領を相続する。幕府の命により,政情の不安定な北部九州にたびたび遠征する一方,永享4(1432)年5月には九州探題の交代を幕府に提案した。同5年死去した。所領は当初は嫡子持平に譲られたが,不孝による「悔返(譲与の取り消し)」によって弟の煕平に与えられたため,則平の死後,兄弟の間に争いが生じた。<参考文献>『小早川家文書』『満済准后日記

(本多博之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小早川則平の関連キーワード安芸東広島阿曾沼弘綱吉川経信小早川宗平枯木紹栄武田信時武田信光武田元綱安芸虎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone