コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小曾根乾堂 こぞね けんどう

2件 の用語解説(小曾根乾堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小曾根乾堂 こぞね-けんどう

1828-1885 幕末-明治時代の商人,篆刻(てんこく)家。
文政11年生まれ。長崎の豪商で福井藩御用達。安政6年長崎湾東岸に埋立地(小曾根町)を造成。一方,書を水野媚川に,篆刻(てんこく)を大城石農にまなび,明治4年御璽(ぎょじ)と国璽を印刻した。明治18年11月27日死去。58歳。名は豊明,栄。字(あざな)は守辱。通称は六郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小曾根乾堂

没年:明治18.2.27(1885)
生年:文政11(1828)
幕末明治期の篆刻家。名は栄,字は守辱,通称は六郎,乾堂は号。長崎の富商で,来遊した清人と交わり,書画篆刻をよくした。印は,中国の秦・漢代の古体を尊ぶべきことを唱えた。明治4(1871)年,命により日本国璽,天皇御璽を石に刻した。<著作>『乾堂印譜』

(北川博邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小曾根乾堂の関連キーワード青木角蔵有賀善五郎(14代)川村迂叟河盛仁平菫庵愛海高橋音吉西村屋忠兵衛林双橋藤田呉江円中孫平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone