コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小曾根乾堂 こぞね けんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小曾根乾堂 こぞね-けんどう

1828-1885 幕末-明治時代の商人,篆刻(てんこく)家。
文政11年生まれ。長崎の豪商で福井藩御用達。安政6年長崎湾東岸に埋立地(小曾根町)を造成。一方,書を水野媚川に,篆刻(てんこく)を大城石農にまなび,明治4年御璽(ぎょじ)と国璽を印刻した。明治18年11月27日死去。58歳。名は豊明,栄。字(あざな)は守辱。通称は六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小曾根乾堂

没年:明治18.2.27(1885)
生年:文政11(1828)
幕末明治期の篆刻家。名は栄,字は守辱,通称は六郎,乾堂は号。長崎の富商で,来遊した清人と交わり,書画篆刻をよくした。印は,中国の秦・漢代の古体を尊ぶべきことを唱えた。明治4(1871)年,命により日本国璽,天皇御璽を石に刻した。<著作>『乾堂印譜』

(北川博邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小曾根乾堂の関連キーワード山本笠山山田寒山中村キラ明清楽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android