コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小本村弥五兵衛 おもとむら やごへえ

2件 の用語解説(小本村弥五兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小本村弥五兵衛 おもとむら-やごへえ

1782-1848 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
天明2年生まれ。陸奥(むつ)閉伊(へい)郡(岩手県)小本村(または切牛)の人。弘化(こうか)4年盛岡藩領三閉伊地方で起きた一揆を指導。御用金賦課などに反対し,1万人以上を組織して遠野領主に強訴。要求はみとめられたが藩の違約に対して再蜂起し,捕らえられて嘉永(かえい)元年獄死。67歳。別名に万六。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小本村弥五兵衛
おもとむらやごへえ
(1782?―1848)

1847年(弘化4)盛岡藩領三閉伊(さんへい)地方で起こった一揆(いっき)の指導者。陸奥(むつ)国閉伊郡小本村(岩手県岩泉町)の人。また野田通切牛(きりうし)の人ともいわれる。別名を万六といい、村の公事師(くじし)として広域にわたり一揆工作活動を行い、新規課役などに反対する1万人以上の強訴(ごうそ)を実現した。この遠野(とおの)強訴後、藩の違約に対し再蜂起(ほうき)を謀り捕縛され、盛岡で牢死(ろうし)した。仙台藩や幕府への訴訟をも企図していたことは後の一揆に影響を与えた。不屈の指導者として多くの伝承を残している。[難波信雄]
『森嘉兵衛著『南部藩百姓一揆の研究』(1974・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小本村弥五兵衛の関連キーワード飯室榎本紫水小倉雪峰亀塘国包(12代)陶斎平田三之助水谷逸雅溝口源谷誘苑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone