コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松景和 こまつ かげかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松景和 こまつ-かげかず

1847-1915 明治-大正時代の箏曲(そうきょく)家,平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
弘化(こうか)4年4月18日生まれ。名古屋で2代吉沢検校(けんぎょう)門下の吉山勾当(こうとう)にまなぶ。おおくの作詞,作曲があり,名古屋箏曲界の発展に寄与した。門下に佐藤正和がいる。大正4年2月5日死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。編著に「増補撫箏雅譜集」「箏曲花がたみ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小松景和の関連キーワード吉沢検校(2代)阿部 桂子佐藤 正和箏曲大意抄大正時代平家琵琶古今組弘化

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android