コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松耕輔 コマツコウスケ

4件 の用語解説(小松耕輔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐こうすけ〔‐カウすけ〕【小松耕輔】

[1884~1966]作曲家・音楽評論家。秋田の生まれ。日本最初のオペラ「羽衣」を作曲。童謡も多く発表、日本の合唱運動の先駆者となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松耕輔 こまつ-こうすけ

1884-1966 明治-昭和時代の作曲家,音楽教育家。
明治17年12月14日生まれ。39年日本最初のオペラ「羽衣」を作詞・作曲。パリ音楽院に留学し,昭和2年国民音楽協会を設立,合唱コンクールをはじめてひらく。東京女高師(現お茶の水女子大)教授をつとめた。昭和41年2月3日死去。81歳。秋田県出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。作品はほかにオペラ「霊鐘」,歌曲集「沙羅の木」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小松耕輔

没年:昭和41.2.3(1966)
生年:明治17.12.14(1884)
明治大正期,童謡運動の先駆ともなった新しい唱歌の運動を展開した作曲家,評論家。秋田県生まれ。明治39(1906)年東京音楽学校本科器楽部を卒業後,大正9(1920)年から3年間,欧州に留学。パリ国立音楽院でヴィドール,ダンディらに作曲を学ぶ。創作オペラの運動を興して,日本最初の創作オペラとされる「羽衣」(1906)を作曲した。また,「大正幼年唱歌」などで童謡運動を展開。昭和2(1927)年,国民音楽協会を設立して,合唱運動を推進した。作品は雑誌『赤い鳥』に発表した「電車」や歌曲「泊り船」など多数。『現代仏蘭西音楽』をはじめ,著書,訳書も多い。東京で没。

(秋山邦晴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こまつこうすけ【小松耕輔】

1884~1966) 作曲家。秋田県生まれ。童謡・歌曲・歌劇などの創作のほか、合唱運動などを通じて音楽教育に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松耕輔の関連キーワード五十嵐力クワント伊勢風民衆芸術天江富弥香川悦次関直之新民謡運動童謡運動《明治大正史・世相篇》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone