コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松耕輔 コマツコウスケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松耕輔 こまつ-こうすけ

1884-1966 明治-昭和時代の作曲家,音楽教育家。
明治17年12月14日生まれ。39年日本最初のオペラ「羽衣」を作詞・作曲。パリ音楽院に留学し,昭和2年国民音楽協会を設立,合唱コンクールをはじめてひらく。東京女高師(現お茶の水女子大)教授をつとめた。昭和41年2月3日死去。81歳。秋田県出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。作品はほかにオペラ「霊鐘」,歌曲集「沙羅の木」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小松耕輔

没年:昭和41.2.3(1966)
生年:明治17.12.14(1884)
明治大正期,童謡運動の先駆ともなった新しい唱歌の運動を展開した作曲家,評論家。秋田県生まれ。明治39(1906)年東京音楽学校本科器楽部を卒業後,大正9(1920)年から3年間,欧州に留学。パリ国立音楽院でヴィドール,ダンディらに作曲を学ぶ。創作オペラの運動を興して,日本最初の創作オペラとされる「羽衣」(1906)を作曲した。また,「大正幼年唱歌」などで童謡運動を展開。昭和2(1927)年,国民音楽協会を設立して,合唱運動を推進した。作品は雑誌『赤い鳥』に発表した「電車」や歌曲「泊り船」など多数。『現代仏蘭西音楽』をはじめ,著書,訳書も多い。東京で没。

(秋山邦晴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こまつこうすけ【小松耕輔】

1884~1966) 作曲家。秋田県生まれ。童謡・歌曲・歌劇などの創作のほか、合唱運動などを通じて音楽教育に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小松耕輔の関連キーワード小松清(1)東儀 哲三郎関屋 敏子沢崎 定之松平 頼則宮城 道雄葛原しげる関屋敏子昭和時代近藤朔風音楽教育松平頼則歌劇小松貢献

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android