コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林亜星 こばやし あせい

2件 の用語解説(小林亜星の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林亜星 こばやし-あせい

1932- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和7年8月11日生まれ。「ワンサカ娘」「イエイエ」などのCMソングヒット。昭和47年「ピンポンパン体操」が200万枚をこすミリオンセラーとなる。51年都はるみの「北の宿から」で日本レコード大賞。テレビドラマ寺内貫太郎一家」で主演。平成14年NHK連続テレビ小説さくら」出演。社団法人日本作曲家協議会会長,社団法人日本音楽著作権協会評議員。東京出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

小林 亜星


芸名
小林 亜星

性別
男性

生年月日
1932/08/11

星座
しし座

干支
申年

血液型
O

出身地
東京都

職種
タレント・俳優・女優/文化人

プロフィール
慶応義塾大学経済学部卒業。作曲を服部正氏に師事。1961年のCMソング、レナウン「ワンサカ娘」「イエイエ」をはじめ、サントリーオールド」、明治製菓チェルシー」、ブリヂストン「どこまでも行こう」、日立「この木なんの木」等、 次々とヒットCMを作曲。他に、ドラマ音楽(向田スペシャル裸の大将、三匹が斬る、他)、歌謡曲、ポップスアニメ狼少年ケンガッチャマンひみつのアッコちゃん魔法使いサリー、他)の音楽を作曲。1972年、ピンポンパン体操が200万枚を超す大ヒット。レコード大賞童謡賞を受賞。1974年には巨体を買われて、向田邦子作のTVドラマ「寺内貫太郎一家」に主演、大好評を得る。以来、作詞・作曲、タレントの両面で活躍する。今までに古賀賞、中山晋平賞、ギャラクシー賞を受賞し、1976年には都はるみ「北の宿から」でレコード大賞を受賞する。クラシックからジャズロック、演歌まで、小林亜星ならではの音楽活動を続ける。また2002年4月から9月まで放送されたNHK『連続テレビ小説「さくら」』では、主人公さくらの祖父として出演した。また、社団法人日本作曲家協議会会長、社団法人日本音楽著作権協会評議員を務める。

代表作品
『ピンポンパン体操』(1972) / 都はるみ『北の宿から』 / 新興産業CMソング『パッ!とさいでりあ』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林亜星の関連キーワード小林市小林群馬県藤岡市小林奈良県御所市小林別所町小林小林寒翠小林喜兵衛小林謙貞小林百哺小林正子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林亜星の関連情報