コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林佐兵衛 こばやし さへえ

2件 の用語解説(小林佐兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林佐兵衛 こばやし-さへえ

1829-1917 明治時代の侠客(きょうかく)。
文政12年生まれ。明治10年ごろ大阪府知事渡辺昇の要請で消防をうけおい,北の大組頭取となる。のち私財を投じて授産所をつくるなど,まずしい人々のためにつくした。典型的な浪速(なにわ)侠客。大正6年8月20日死去。89歳。大坂出身。通称は北の赤万。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小林佐兵衛

没年:大正6.8.20(1917)
生年:文政12(1829)
明治期の侠客。大坂生まれ。通称は北の赤万(明石屋万吉)。年少から侠気を発揮し,幕末には大坂の警備に当たった一柳 対馬守に請われて捕吏頭を務めながら,禁門の変(1864)で敗れた長州藩士の逃亡を助けたりする。維新後に大阪の消防が請負制度になると,渡辺昇知事に頼まれ北の大組頭取として活躍した。米相場で成した資産を投じ,小林授産所を営み,多数の貧民に内職を教え,子どもは小学校へ通わせた。明治44(1911)年9月,米相場の高騰で苦しむ貧民のため,取引所へ乗り込んで相場を崩す。貧民700人の無縁墓を高野山に建立。浪速侠客の典型として,司馬遼太郎の小説『俄』のモデルになる。

(正延哲士)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林佐兵衛の関連キーワード酒井梅斎安井大江丸金子政吉(2)鞘町東伊甚太七兵衛新場小安鐘弥左衛門鶴田丹蔵半鐘八右衛門奴治兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林佐兵衛の関連情報