小林平八郎(読み)こばやし へいはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林平八郎 こばやし-へいはちろう

1660-1703* 江戸時代前期の武士。
万治(まんじ)3年生まれ。上杉家の付人で,高家吉良(きら)家の家老吉良義央(よしなか)への播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主浅野長矩(ながのり)の刃傷(にんじょう)事件ののち,謹慎するよう義央をいさめる。元禄(げんろく)15年12月15日赤穂四十七士の吉良邸討ち入りをむかえて討ち死にした。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android