コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林弥平 こばやし やへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林弥平 こばやし-やへい

1831-1895 幕末-明治時代の農事改良家,地域開発者。
天保(てんぽう)2年9月5日生まれ。中村直三(なおぞう)に協力して稲の品種改良をおこない,新品種「小林穂」「豊年穂」の開発に成功。また奈良県奈良町と月瀬村をむすぶ月瀬街道開削のため36年間奔走,明治22年に完成させた。明治28年5月9日死去。65歳。大和(奈良県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林弥平の関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android