コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林方秀 こばやし ほうしゅう

1件 の用語解説(小林方秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林方秀 こばやし-ほうしゅう

1726-1792 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)11年生まれ。宇野明霞(めいか)に儒学を,山脇東洋に理論より実践をおもんじる古医方(こいほう)をまなび,京都で開業。二条家の信頼をうけ,法眼の位をあたえられた。寛政4年10月23日死去。67歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は赤松。名は政浚。字(あざな)は文泉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林方秀の関連キーワード羅城大橋宗順岸貞江交寛美三鍼樗雲津田外記林稚瞻三宅康邦蘭室

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone