コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林椿岳 こばやし ちんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林椿岳 こばやし-ちんがく

1824-1890 幕末-明治時代の画家。
文政7年生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。大西椿年(ちんねん)に大和絵を,維新のころ高橋由一(ゆいち)らに洋画をまなぶ。のち鳥羽(とば)僧正(覚猷(かくゆう))の戯画の影響をうけ,漫画で一家をなす。晩年は天台宗の僧となった。明治23年9月22日死去。67歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。前姓は淡島。通称は城三。別号に吉梵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林椿岳の関連キーワード淡島寒月淡島椿岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android