小林椿岳(読み)こばやし ちんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林椿岳 こばやし-ちんがく

1824-1890 幕末-明治時代の画家。
文政7年生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。大西椿年(ちんねん)に大和絵を,維新のころ高橋由一(ゆいち)らに洋画をまなぶ。のち鳥羽(とば)僧正(覚猷(かくゆう))の戯画の影響をうけ,漫画で一家をなす。晩年は天台宗の僧となった。明治23年9月22日死去。67歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。前姓は淡島。通称は城三。別号に吉梵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android