コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林椿岳 こばやし ちんがく

1件 の用語解説(小林椿岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林椿岳 こばやし-ちんがく

1824-1890 幕末-明治時代の画家。
文政7年生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。大西椿年(ちんねん)に大和絵を,維新のころ高橋由一(ゆいち)らに洋画をまなぶ。のち鳥羽(とば)僧正(覚猷(かくゆう))の戯画の影響をうけ,漫画で一家をなす。晩年は天台宗の僧となった。明治23年9月22日死去。67歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。前姓は淡島。通称は城三。別号に吉梵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林椿岳の関連キーワード小林玉潤杉谷雪樵高柳快堂遠坂文岱肥後新造円山咸洞村越向栄山下蕉雨山内林斎和田菁華