コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林玉潤 こばやし ぎょくじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林玉潤 こばやし-ぎょくじゅん

?-1880 幕末-明治時代の画家。
下総(しもうさ)水海道(茨城県)の画家小林蔵六の妻。生家が零落し居酒屋ではたらいていたとき,客の蔵六がかいた墨竹に一枝の梅をかきそえ,それが縁で夫婦になったという。明治13年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林玉潤の関連キーワード明治時代下総幕末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android