コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林玉潤 こばやし ぎょくじゅん

1件 の用語解説(小林玉潤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林玉潤 こばやし-ぎょくじゅん

?-1880 幕末-明治時代の画家。
下総(しもうさ)水海道(茨城県)の画家小林蔵六の妻。生家が零落し居酒屋ではたらいていたとき,客の蔵六がかいた墨竹に一枝の梅をかきそえ,それが縁で夫婦になったという。明治13年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林玉潤の関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone