コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水海道 みつかいどう

4件 の用語解説(水海道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水海道
みつかいどう

茨城県南西部,常総市南部の旧市域。鬼怒川の下流域を占める。 1954年水海道町と豊岡村,菅原村,大花羽村,三妻村,五箇村,大生村,坂手村の7村が合体して市制。 1955年真瀬村,谷和原村の各一部,1956年内守谷村,菅生村の2村をそれぞれ編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みつかいどう〔みつカイダウ〕【水海道】

茨城県南西部にあった市。平成18年(2006)石下町を編入し常総市に改称。→常総

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつかいどう【水海道】

茨城県常総市、鬼怒川下流域の地名。近世、舟運による河岸集落として発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水海道
みつかいどう

茨城県南西部にあった旧市名(水海道市)。現在は常総(じょうそう)市の南部を占める地域。1954年(昭和29)水海道町と豊岡(とよおか)、菅原(すがわら)、大花羽(おおはなわ)、三妻(みつま)、五箇(ごか)、大生(おおの)、坂手(さかて)の7村が合併して市制施行。1955年真瀬(ませ)、十和(じゅうわ)の2村の各一部、1956年菅生(すがお)、内守谷(うちもりや)の2村を編入した。2006年(平成18)、結城(ゆうき)郡石下(いしげ)町を編入して名称変更、常総市となった。旧地名の由来は諸説あるが、16世紀ころの文書には「水かへと」とあり、水とのかかわりが深い。鬼怒(きぬ)川と小貝(こかい)川が近接する沖積低地とローム層の洪積台地よりなる。関東鉄道常総線と国道294号、354号が通じる。隣接するつくばみらい市にある常磐(じょうばん)自動車道谷和原インターチェンジが近い。古くから開かれ、古代には平将門(まさかど)の乱があり、中世には下妻城主多賀谷(たがや)氏の勢力が及び、近世は天領や古河(こが)藩領となり、また小貝川の淵頭河岸(ふちがしらかし)、鬼怒川の水海道河岸、三坂(みさか)河岸など水運で栄えた。米や野菜、ナシ、イチゴなどの農業がおもなほか、坂手工業団地、内守谷工業団地の造成で機械、金属工業や食品、紙製品、家具類などの工業も発達した。近年、東京の近郊住宅地化している。怪談『累ヶ淵(かさねがふち)』で知られる累の墓のある法蔵寺、国指定重要文化財の坂野家住宅、県指定文化財を多く所蔵する大生郷(おおのごう)天満宮などがある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水海道の関連キーワード常総茨城県常総市大沢茨城県常総市尾崎茨城県常総市沓掛茨城県常総市茨城県常総市新石下茨城県常総市大房茨城県常総市馬場茨城県常総市原茨城県常総市山口

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水海道の関連情報