コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水海道 みつかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水海道
みつかいどう

茨城県南西部,常総市南部の旧市域。鬼怒川の下流域を占める。 1954年水海道町と豊岡村,菅原村,大花羽村,三妻村,五箇村,大生村,坂手村の7村が合体して市制。 1955年真瀬村,谷和原村の各一部,1956年内守谷村,菅生村の2村をそれぞれ編入。 2006年石下町を編入し常総市に改称。鬼怒川水運とともに発展した河岸集落で,江戸時代には河川交通の玄関口にあたり,物資の集散地として栄えた。鉄道の発達によって水運が衰え一時衰微したが,東京から 50km圏内にあるため,工場,住宅が進出し,東京への通勤者も増加している。農村部は水田が開け,都市向け野菜を多産。弘経寺,報恩寺大生郷天満宮などの古社寺がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつかいどう〔みつカイダウ〕【水海道】

茨城県南西部にあった市。平成18年(2006)石下町を編入し常総市に改称。→常総

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みつかいどう【水海道】

茨城県常総市、鬼怒川下流域の地名。近世、舟運による河岸集落として発達。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水海道
みつかいどう

茨城県南西部にあった旧市名(水海道市)。現在は常総(じょうそう)市の南部を占める地域。1954年(昭和29)水海道町と豊岡(とよおか)、菅原(すがわら)、大花羽(おおはなわ)、三妻(みつま)、五箇(ごか)、大生(おおの)、坂手(さかて)の7村が合併して市制施行。1955年真瀬(ませ)、十和(じゅうわ)の2村の各一部、1956年菅生(すがお)、内守谷(うちもりや)の2村を編入した。2006年(平成18)、結城(ゆうき)郡石下(いしげ)町を編入して名称変更、常総市となった。旧地名の由来は諸説あるが、16世紀ころの文書には「水かへと」とあり、水とのかかわりが深い。鬼怒(きぬ)川と小貝(こかい)川が近接する沖積低地とローム層の洪積台地よりなる。関東鉄道常総線と国道294号、354号が通じる。隣接するつくばみらい市にある常磐(じょうばん)自動車道谷和原インターチェンジが近い。古くから開かれ、古代には平将門(まさかど)の乱があり、中世には下妻城主多賀谷(たがや)氏の勢力が及び、近世は天領や古河(こが)藩領となり、また小貝川の淵頭河岸(ふちがしらかし)、鬼怒川の水海道河岸、三坂(みさか)河岸など水運で栄えた。米や野菜、ナシ、イチゴなどの農業がおもなほか、坂手工業団地、内守谷工業団地の造成で機械、金属工業や食品、紙製品、家具類などの工業も発達した。近年、東京の近郊住宅地化している。怪談『累ヶ淵(かさねがふち)』で知られる累の墓のある法蔵寺、国指定重要文化財の坂野家住宅、県指定文化財を多く所蔵する大生郷(おおのごう)天満宮などがある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水海道の関連情報