小林蔵六(読み)こばやし ぞうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林蔵六 こばやし-ぞうろく

1837-1878 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)8年9月生まれ。妻は小林玉潤椿椿山(つばき-ちんざん),山本琴谷(きんこく),福田半香(はんこう)らに文人画をまなぶ。竹をえがくのが得意であった。明治11年2月死去。42歳。下総(しもうさ)水海道(茨城県)出身。名は明。字(あざな)は子益。号は友竹居。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android